住まいというものはかなり

賃貸の住まい選びは優先順位をつけて

住まいというものはかなり 賃貸の住まいを探す時、何を重視するかによって絞込みがスムーズになります。あれもこれもと言い出せばキリがないので、優先順位を付けていくと良いです。皆同じ家賃であれば迷うことも少ないのですが、実際には新しくて綺麗な住まいは家賃が高く、駅から遠かったり設備が古かったりすると家賃も低めになります。だからこそ迷うわけですが、家賃は必ず上限を決めてから探すほうが良いです。家賃を青天井にしてしまうといくら探しても見つかりません。いくらでも出せる、なんて人はいないと思いますので、収入に見合った家賃をはじき出し、その範囲で探すようにしましょう。一応の目安は手取額の3分の1以下です。

予算が決まったら、いよいよ次の優先順位です。優先順位は人によって変化します。ペットを飼っている人ならペット可の住まいであることが不可欠の条件になるでしょう。女性なら防犯面も気になるところです。いくら物件のセキュリティがしっかりしていても、駅からの道のりが街灯もなく暗いというなら考え直したほうが良いかもしれません。駅からの距離は思っている以上に重要です。自転車があるから平気、などと軽く考えていたら、雨の日も雪の日も自転車をこぐはめになります。駅前に空いている駐輪場があるかどうかも調べておいたほうが良いでしょう。他の条件で妥協できないなら築年数はある程度我慢しなければならないでしょうが、あまりに古くて現在の耐震基準も満たしていないような物件は避けたほうが良いと思います。